会社概要





社長挨拶





沿革





事業所一覧

会社沿革

1962年 10月資本金400万円にて叶葉商事を設立。
      代表者に老田光之就任。

1963年 竪型連続鋳造機の研究開発スタート。

1964年 東海カーボン鰍フ代理店となる。

1966年 竪型連続鋳造機開発第一号機受注、ACCアノード(含りん銅)を試作開始。

1967年 資本金1,200万円に増資。

1968年 旧新座工場敷地内に連鋳機のモデル機械工場を新設、ACCアノード等
      連鋳加工部門の充実化をはかるACCアノードボールの製造開始。

1970年 新座工場を拡張、ACCアノードボールの製造開始。

1971年 ACCアノードの東南アジア輸出開始。

1973年 資本金3,000万円に増資。新座工場に電気炉設置。
      商号を叶葉に改称。

1977年 フレオン設備、溶剤の販売開始。

1978年 東松山工業団地内に松山工場建設着工。

1979年 4月東松山工場落成により、新座工場より移転、操業開始。

1982年 東松山工場に高速連鋳機(中小企業庁推せんにて新技術開発)の試作1号機設置。

1984年 東松山工場に宇部興産製押出プレス機(コンピュータシステム)
      同前後搬送装置、自動梱包システムを新設。

1985年 押出プレス機および鋳造加工機の連続自動化ライン完成。
      大型マシニングセンター設置。

1986年 当社開発の超小型連鋳機第一号機完成、販売開始。

1987年 資本金3,300万円に増資。
      東松山工場内に「ACC TECHNICAL CENTER」を建設、
      超小型連鋳機用デモ機2台(真空装置付、及び大気式各1)設置。
      6月に仙台市若林区卸町東に東北営業所を開設。

1988年 当社製、竪型、横型超小型連鋳機の独占的海外販売代理店として、
      英国ウエルマン・ファーネス社を指定し、協定を締結。

1989年 3月東松山工場事務棟(改築)完成。

1991年 1月1日付、CI導入と共に、社名表示を「株式会社ASABA」に変更。

1992年 東京都より中小企業新製品・新技術開発助成金の交付を受ける。
      大蔵省造幣局と小型連続鋳造機受注契約締結。

1993年 連続鋳造機の海外輸出を積極展開(天津有色、常熱電子、
      AFW<シンガポール>)等。

1995年 科学技術庁より真空溶解特殊注湯システムを受注。

1996年 大蔵省造幣局と金・銀用連続鋳造機を受注契約。

1997年
 本社を中央区八重洲より新宿区市ヶ谷へ移転。

1998年 新日本製鐵潟vラント事業部と新潟工場建設契約を締結。

1999年 新潟工場の建設着工。関連会社として「株式会社ピー・シー・ユー」を設立。

2000年 5月新潟工場落成により、東松山工場より移転、操業開始。

2004年 12月銅アノード製造・販売部門でISO9001認証取得。

2014年 12月太陽光発電設備「ASABAメガソーラーカントリー」稼働開始。


東京都新宿区四谷本塩町14番1号
Tel: 03-3358-3466
Fax: 03-3358-8872
Copyright (C) 2008 ASABA CO.,LTD. All rights Reserved.